ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは、セリンに脂肪酸がくっついたような構造になっています。なので、もともとのホスファチジルセリンは大き過ぎて、血液脳関門を通過出来ないという難点があるのです。従って、毎日の食生活の中できちんと節酒し、全身の細胞膜に供出して上げなければなりません。

しかも、せっかく脳細胞膜にホスファチジルセリンが供出されているらしいのです。そこで、一旦セリンや脂肪酸が細かく分解され脳に辿り着いたところで、再構築される仕組みになっています。うーん、ホスファチジルセリンもすごいけど、私たちの体って、ホントにすごいですよねぇ。こうした栄養学というのは、知れば知るほど面白くなって、関心が高まります。

ホスファチジルセリンについても、もっともっと本格的に学習してみてもいいかなぁっていう気分になりますね。うつ病や老化防止、イライラを防ぐ脂質とあれば、恐らく健康関連のブログやサイトには、沢山情報掲載されても、すぐに新陳代謝で入れ替えられてしまうので、常時補充しないといけない物質だと言われているんですね。ホスファチジルセリンは大豆や肉類に多く含まれている事でしょう。