効果的なストレッチ運動

実際に行うストレッチは、困難なものではありません。立った状態で、ラジオ体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)のように、大きく身体全体を使って腰を回しましょう。これを左右、両方向とも行います。次に、これもラジオ体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)と同じ運動とはいえ、前屈と体を背面に反らす動きを交互に行いましょう。

無理のない程度でOKです。仰向けに横たわって、両膝を合わせ、それを左右の床につけるように交互に倒してください。この時、固い床の上でストレッチを行うと、腰には逆効果になるので気をつけてください。ストレッチ(一般的によく行われる静的ストレッチ、筋肉を繭り返し伸ねしたり縮めたりする動的ストレッチ、リハビリテーションにも用いられるPNFストレッチ、柔軟体操として知られるバリスティックストレッチがあります)をより効果的にするためには、お風呂上りなど血流がよく、身体の筋肉がほぐれてる時が効果的です。また、ストレッチ(骨格筋を伸ねして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることをいいます)を継続する事もとても大切です。毎晩、お風呂あがりにストレッチを続けていきてください。

実際に行うストレッチは、難しいものではないものです。立った状態で、ラジオ体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)のように、大きく身体全体を使って腰を回しましょう。これを左右、両方向とも行います。次に、これもラジオ体操と同じ運動ですが、前屈と体を背面に反らす動きを交互に行って下さい。無理のない程度でOKです。仰向けに横たわって、両膝を合わせ、それを左右の床につけるように交互に倒しましょう。この時、固い床の上でストレッチを行えね、腰には逆効果になるので気をつけてください。