タバコや飲酒は抜け毛を加速

タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)や飲酒は抜け毛を加速させるのかどうかという事ですが、加速させると言えるだといえますね。

タバコを吸うと体内にあるビタミンCが多く消費されてしまいます。

体内でビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)を蓄えておける量は1500ミリグラムと言われていますが、1本タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)を吸う度に約二十五メートルgのビタミンCを体内で消費しているのです。

一日に何本も吸う愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)煙家の人であれば、体内のビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)をあっというまに消費してしまいます。

ビタミンCは皮膚等を構成する上で必須な成分なのです。

体内のビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)が不足すると、頭皮(最近では、頭皮ケアや頭皮エステが流行っていますよね)が硬くなってしまっただけじゃなく、毛根の働きも鈍くなったり血行が悪くなったりするので、髪の毛が生えてもすぐに抜けてしまう頭皮(最近では、ヘッドスパも人気ですね)環境になってしまいます。

また、タバコの中に含まれているニコチンという物質は、毛細血管を収縮させる事によりる作用を持っています。

毛細血管が収縮されれば、血行が悪くなってしまい、必要な栄養素も十分に行き渡らなくなってしまうでしょう。

その結果、生えてもすぐに抜け落ちてしまうような弱々しくて細い髪しか生えてこなくなってしまうのです。

飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)の場合、日常的にアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を大量に摂取する事で抜け毛に繋がるようです。

アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)を摂取すれねそれを分解しようと肝臓が働き出しますが、その際、メチオニンやシステイン等のアミノ酸がエネルギーとして使われます。

このメチオニンやシステインというアミノ酸は、髪を構成する物質のひとつです。

これらのアミノ酸がアルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)の多量摂取によってもそちらにエネルギーを注いでしまう為、毛髪の形成力が弱くなってしまい、成長しきれない芯の弱い髪しか生えて来なくなり、抜けやすくなってしまうのです